疾病の経過

COVID-19の臨床像

COVID-19検査確定症例55,942例(中国;2020年2月時点)

COVID-19検査確定症例表

疾病の重症度はCOVID-19患者の症状の現れ方によって分類されます。

WHO: Report of the WHO-China Joint Mission on Coronavirus Disease 2019 (COVID-19).
https://www.who.int/publications-detail/report-of-the-who-china-joint-mission-on-coronavirus-disease-2019-(covid-19) Accessed May 15, 2020. をもとに作成

COVID-19で予想される病状進行

COVID-19で予想される病状進行1-3

中国の症例に基づく一般的な症状の推移

中国の症例に基づく一般的な症状の推移表

入院患者の26%がICU入室となり、呼吸不全を発症しました3
入院患者の13.4%が敗血症性ショックを合併しました4

重症COVID-19患者では、症状発現から1~2週でARDS及びICU入室となることがあります。

ARDS=急性呼吸窮迫症候群

*発熱(98%)、咳嗽(75%)、筋肉痛又は倦怠感(44%)及びその他を含む症状発現からの経過時間中央値
** ARDS及び重篤な疾患の発症は症状発現後1~2週以内が最も多いとされます。

  1. Goh et al、Annals、Academy of Medicine、Singapore 2020)
  2. Huang et al, Lancet 2020
  3. Wang et al, JAMA Feb 2020
  4. Guan et al. NEJM 2020

COVID-19の放射線学的異常

2019年12月11日から2020年1月29日までに中国国家衛生健康委員会に報告された2019 SARS-CoV-2の患者1,099例の解析

2019 SARS-CoV-2の患者1,099例の解析
症例画像

COVID-19患者は重症度にかかわらず、放射線学的異常を呈することがあります。

Guan W, et al. N Engl J Med. 2020 Feb 28. doi: 10.1056/NEJMoa2002032. [Epub ahead of print].
Goh et al, Annals, Academy of Medicine, Singapore 2020
http://www.annals.edu.sg/terms.html

COVID-19の免疫及び炎症に関する臨床検査値異常

重症COVID-19に関する中国武漢の症例報告では免疫応答の異常が認められています。

免疫応答の調節異常表

一般的な免疫/炎症反応には、好中球増加、リンパ球減少、IL-6増加、CRP増加が含まれます。
入院患者では、肝トランスアミナーゼ(AST、ALT)の上昇もよくみられます(約20%)。

Prompetchara E, et al. Asian Pac J Allergy Immunol DOI 10.12932/AP-200220-0772.
Wang W, et al. https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.02.26.20026989v1
Qin C, et al. Clin Infect Dis. 2020 Mar 12. pii: ciaa248. doi: 10.1093/cid/ciaa248. [Epub ahead of print]
Zhang B, et al. https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.02.26.20028191v1.full.pdf.
Guan W, et al. N Engl J Med. 2020 Feb 28. doi: 10.1056/NEJMoa2002032. [Epub ahead of print].

COVID-19に対する免疫及び炎症反応

  • エアロゾル化したSARS-CoV-2の侵入
  • II型肺胞細胞などのACE2を発現する標的細胞が感染
  • ウイルスがl型IFNによる抗ウイルス応答を低下させる
  • 制御不能なウイルス複製
  • 好中球及び単球/マクロファージへの流入
  • 炎症性サイトカインが過剰産生
  • 炎症反応及び「サイトカインストーム」の可能性

想定されているSARS-CoV-2感染時の宿主免疫応答

提案されているSARS-CoV-2感染症の宿主免疫応答図
重要なウイルス宿主相互作用
  • 初感染時のI型IFN応答の遅延又は抑制
  • ウイルス複製が過炎症状態を引き起こす
  • 活性化した好中球及び炎症性単球/マクロファージの流入
  • Th1/Th17が誘導され、特定の抗体が産生される

Prompetchara E, et al. Asian Pac J Allergy Immunol DOI 10.12932/AP-200220-0772

ARDS(急性呼吸窮迫症候群)は炎症を介した反応である

ARDSにおける正確な事象シーケンスは不明です。

ARDSにおける事象発現の順序図(仮)
ARDSにおける事象発現の順序図(仮)2

Copyright ©2000 Massachusetts Medical Society. All rights reserved.Translated with permission.
N Engl J Med. 2000;342(18):1334-49.

Baric, CROI 2020 Wang D, et al. JAMA. オンライン公表日:2020年2月7日。修正日:2020年2月20日。doi:10.1001/jama.2020.1585
Mortelliti MP, et al. Am Fam Physic. 2002;65(9):1823-1830.

COVID-19が疑われる重症患者の管理に関するWHO暫定ガイドライン

新型コロナウイルス感染症が疑われる重症呼吸器感染症(SARI)の臨床管理の要点

詳細なガイダンスについては以下のリンク先で確認ください。
https://www.who.int/publications-detail/clinical-management-of-severe-acute-respiratory-infection-when-novel-coronavirus-(ncov)-infection-is-suspected

新型コロナウイルス感染症が疑われる場合の表

SARS-CoV-2による感染症に対して、レムデシビルは米国では緊急使用許可、日本では特例承認となっています(2020年5月20日現在)。

WHO: Clinical management of severe acute respiratory infection when novel coronavirus (2019-nCoV) infection is suspected –Interim guidance, 28 January 2020. https://www.who.int/publications-detail/clinical-management-of-severe-acute-respiratory-infection-when-novel-coronavirus-(ncov)-infection-is-suspected
Accessed May 15, 2020.

COVID-19の治療薬候補

第II/III相臨床試験で進行中のCOVID-19に対する抗ウイルス薬が増えつつあります*。

COVID-19に対する治療法の可能性の表

COVID-19に対するワクチンを開発するため、目下、さまざまな研究活動が行われています。

*本情報は2020年7月1日時点の内容です。これは潜在的な治療法の包括的リストではありません。他の潜在的な治療薬も開発中である可能性があります。

Fauci et al, NEJM Mar 7 2020; Clintrials.gov accessed March 16, 2020; DRAFT landscape of COVID-19 candidate vaccines — 18 February 2020. Geneva: WHO