スクリーニング及び診断

SARS-CoV-2スクリーニングの推奨事項

SARS-CoV-2スクリーニングの推奨事項

主要な各保健機関によって、COVID-19のリスク因子と臨床症状に基づいたSARS-CoV-2のスクリーニングに違いがあります。

WHO: https://www.who.int/publications-detail/global-surveillance-for-human-infection-with-novel-coronavirus-(2019-ncov)
Chinese CDC: http://weekly.chinacdc.cn/en/article/id/e97a6f76-c07f-4d43-bd73-51067a4fc9f9
US CDC: https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-nCoV/hcp/clinical-criteria.html
EU CDC: https://www.ecdc.europa.eu/en/case-definition-and-european-surveillance-human-infection-novel-coronavirus-2019-ncov

SARS-CoV-2のRT-PCR検査による診断

RT-PCR(逆転写ポリメラーゼ連鎖反応)検査は各国で汎用されています。

  • 高い特異性*
  • 感度は検査によって変わる*
  • 定性的(米国)、定量的(ドイツ、タイ、日本、フランス)

RT-PCR検査はCOVID-19の臨床的基準及び/又は疫学的基準を満たしている人の検体を対象に実施されます。

*現時点では、特異性及び感度の範囲は規制当局から提供されていません。

SARS-CoV-2のRT-PCR検査による診断

必要な検体

現行の病原体検査(PCR)では下記の3検体を検査します。下気道にはウイルス量が多いことは報告されていますので、できる限り喀痰など下気道由来の検体の採取を行います。痰が出ないなど、下気道由来検体の採取が難しい場合は鼻咽頭ぬぐい液で行います。また、おおよそ発症から9日間程度は、唾液でのウイルス検出率も比較的高いことが報告されています。

必要な検体

*2020/2/19に上気道検体としては、咽頭スワブよりも鼻咽頭スワブの方が、ウイルス検出の感度が高いことが報告されています。
N Engl J Med. 2020 Feb 19. doi: 10.1056/NEJMc2001737

国立感染症研究所 2019-nCoV (新型コロナウイルス)感染を疑う患者の検体採取・輸送マニュアル
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov/2518-lab/9325-manual.html(アクセス日:2020年7月1日)

SARS-CoV-2の検査方法には、RT-PCRが推奨されます。

  1. WHO. https://www.who.int/publications-detail/clinical-management-of-severe-acute-respiratory-infection-when-novel-coronavirus-(ncov)-infection-is-suspected.
  2. WHO. https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/technical-guidance/laboratory-guidance.
  3. CDC: https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/downloads/Factsheet-for-Healthcare-Providers-2019-nCoV.pdf.
  4. CDC: https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-nCoV/lab/guidelines-clinical-specimens.html.
  5. CDC: https://www.fda.gov/media/134922/download COVID-19 Coronavirus Disease 2019. Harvard Medical School.
  6. Huang et al, Lancet Feb 2020

ELISA(酵素免疫測定)法によるSARS-CoV-2の検出の改善の可能性

SARS-CoV-2タンパク質に対するIgM及びIgG抗体検出のための検査方法が現在開発されています。

IgM抗体の抗体陽転はIgGよりも数日早く発生します。

  • IgM及びIgA:5日[四分位範囲(IQR)3~6日]
  • IgG:14日(IQR 10~18日)

PCR検査のみでは陽性検出率は52%ですが、IgM ELISA法と組み合わせると99%へと大幅に向上します。

PCR検査のみと、PCR検査にIgM ELISA法を併用したときの陽性検出率の比較

PCR検査のみと、PCR検査にIgM ELISA法を併用したときの陽性検出率の比較

ELISA法を使用したSARS-CoV-2の検査は、PCR検査と組み合わせて使用する診断選択肢の1つとなる可能性があります。

Yuen K-S, et al. Cell & Bioscience. 2020: 10(40).
https://cellandbioscience.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13578-020-00404-4
Guo L, et al. Clin Infect Dis. 2020 Mar 21. pii: ciaa310. doi: 10.1093/cid/ciaa310. [Epub ahead of print]