治療方法

コロナウイルスの複製とライフサイクル

コロナウイルスの複製とライフサイクル

Liu W, et al. Chembiochem. 2020 Mar 2;21(5):730-738. doi: 10.1002/cbic.202000047. Epub 2020 Feb 25.
de Wit et al, Nature Reviews Microbiology 2016

SARS-CoV-2のライフサイクルに不可欠なタンパク質

SARS-CoV-2のライフサイクルにおける主要タンパク質

SARS-CoV-2 に対するワクチン及び薬剤の標的としては、スパイクタンパク質、ACE2受容体、RdRp、3CLpro及びPLproがあります*。

*これは包括的リストではありません。明らかな標的のみを記載しています。

Liu W, et al. Chembiochem. 2020 Mar 2;21(5):730-738. doi: 10.1002/cbic.202000047. Epub 2020 Feb 25.
Savarino et al, Lancet Infectious Disease 2006

コロナウイルスゲノムの複製

コロナウイルスはRNA依存性RNAポリメラーゼ(RdRp/Nsp12)を使用してゲノムを複製します。

コロナウイルスは、RNAウイルスでは珍しい3 ‘→5’エキソリボヌクレアーゼ(ExoN)をコード化します。

  • 不適切に組み込まれた塩基や損傷した塩基を検出し、修復するためにnsp14の校正活性を伝達します。
  • 高い忠実度(又は高い正確度)で遺伝情報をコピーします。
コロナウイルスゲノムの複製

コロナウイルスゲノム複製の正確度は高く、突然変異は最小レベルであると考えられます。

  1. Smith EC, et al.: PLoS Pathog 2013; 9: e1003760. https://creativecommons.org/licenses/by/3.0/
  2. Smith EC, et al.: Annu Rev Virol 2014; 1(1): 111–32.
  3. Minskaia E, et al.: PNAS 2006; 103 (13) 5108-13.

コロナウイルス間のRNA依存性RNAポリメラーゼ(RdRp)配列の保存

CoV RdRp(別名nsp12)は特に属内のCoV間で高度に保持されているため、薬剤標的として幅広く使用できる可能性があります。

SARS-CoV-2と比較したポリメラーゼ配列の一致率

この高度に保持された領域に耐性変異を有するコロナウイルスは、疾患の発生を助長しない可能性があり、特に急性感染時に自然界で維持されにくい可能性があります。

Agostini et al. American Society of Microbio 2020